数十年の間にどんどん向上していく医療の技術

大きな怪我や病気をした時、真っ先に駆けつけるのは病院です。
人間の体はとても複雑な構造をしており、簡単に自分で治せるものではありません。
きちんとした医療学校を卒業して、医師になった人間はそんな庶民の悩みや苦しみを解決してくれる、この世で必要不可欠な存在です。
病気の種類によって薬の処方を考えたり、どのような手術を行えば生存率は高くなるか。
人の生死に対してとても真剣になって向き合ってくれます。
中でも、癌という病気は昔から不治の病と言われていました。
癌になってしまえばほとんど助かる事はないと言われており、身内や家族が癌になると周りはみんな途方に暮れて泣いていました。
しかし、最近の医療技術ではそんな不治の病といわれていた癌でさえも治せる技術が発達しているのです。
まだ技術は向上中ではありますが、99%以上の確立で死亡者をだしていた癌も、今は66%も5年以上生存する事ができています。
このままもっと技術が発達していけば、癌も簡単になおってしまう病気と認識される時代がくるかもしれません。
医療業界は、病気で苦しむ人やその家族の悲しみを1日でも早くぬぐえるように、日々精進しています。